母さん、ひとりでお泊まりしてみました→まだ早かったわ

こんにちは!

川越在住、英語とコーチングでがんばるあなたを応援する パーソナルコーチの山道 志帆です。

 

ちょっと、前の話ですが、
今回のお正月の帰省では、ひとりでホテルに泊まるという、産後初めてのことをしてみました。

 

最近、「出張とか行けるようになりたいな」

 

という、淡い希望を持つようになったこともあり、今回、試してみよう!と急に思い立ちました。

ひとりでどこかに泊まるというのは、2019年2月に2泊3日円錐切除で入院したのが最後で、妊娠して以降、出産・手術でしかひとりでお泊まりというのはなかったかと思います。

子どもたちがちょっと早めにじぃじばぁのところに帰り、家に夫と二人きりというのは何回かありますが、それでも家のことはしなくてはならないわけで・・・・。

 

完全に自分のためにまとまった時間を使いたいなと思い立ち、

今回の初体験につながったのです!!

えっ、なんで?という顔をしながらも、協力してくれた両親に感謝。

初日、午前中は2020年初のTCSの開講がありました。
なので、朝7時半には家を出発。
午前中TCS、夜は友人と飲み会。
そして翌日、友人とのランチのあとまで。

だいたい、31時間。

 

結果、どうだったのかというと・・・・・

 

私にはまだ早かったかも。

 

と、思ったのでした笑

もちろん、楽しくて楽しくて、15時にチェックインしてから、ホテルに併設されている岩盤浴で1時間くらい過ごしたり、夜は友人と美味しいお酒を楽しんだりしたんです。

でも、楽しむためだけだったら、泊まらなくてもいいんじゃない?

というのが、自分へのツッコミでした。
タクシーで家に帰れたジャン。

これがリトリート(いつもがんばっている自分へのご褒美)ということに最初からしていたのであれば、最高の1泊2日のバカンスになります。

 

でも、自分の中では、

もっと、本を読みたかった
もっと、HPの修正をしたかった
もっと、英語の勉強もしたかった

という気持ちも残ってしまったんですよね。

 

でも、これって、普段の生活の中で、日常の中でもできることで、絶対に一人きりにならないとできないことではなかったわけです。

 

最初のセッティングとして、
「ひとりの時間があれば、今までやれなかったことができる」
と、自分を認識していたんですが、そこからちょっと勘違いしていましたね。

実は、

「どんな状態であれ、行動を起こせるだけの自分の心の状態が足りてない」

ということだったなと、実感しています。

 

よく、「時間がなくて」「忙しくて」と、何かができていない理由をあげる方がいますが、違うかもしれませんよ。

 

今回の山道志帆の実験から、それは違うということが証明されました。

 

いくら時間があっても、やらないことはやらないんです。

 

じゃ、どうしたら、やるようになるのか??

そのヒントは・・・・
って、やっぱりトラストコーチングスクールのテキストにしっかりまとまっているので、受講をおすすめするしかないかも笑

 

私は、もう一回読み直します。

 

******
アドバンスまでを受講すると無料でプレゼントしていました
オンラインコーチングコンテンツ(27,000円相当)がいよいよ1月までとなりました。
2月以降は有料となります。

1月22日、31日午前中は空いておりますので、
奇跡的にタイミング合う方は、ぜひ1月中の受講をおすすめします。

もちろん通常講座は2月以降も引き続き受け付けております。

お問い合わせは、お気軽にLINEから
友だち追加

 

トラストコーチングスクール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です