Sails Podcast #91 相手に反応を強要しないコミュニケーション

最近やらかしたコミュニケーションとトラストコーチングスクールの開講で気がついたこと、そして昨日の勉強会のテーマ「余白」について真面目に話しております。コミュニケーションって本当に奥が深いですよね。

 

 

こんにちは!英語とコーチングで前に進むあなたを応援しています。川越在住、トラストコーチングスクール認定コーチの山道志帆です。

今日のSails Podcastでは、最近、コミュニケーションについて気がついたことを話しています。

先週、ちょっと久しぶりに感情が怒りモードのまま、コミュニケーションを取ってしまったんですよ。あ〜やっちまいましたよ。

 

そこで最近、考えていたことと繋げて考えてみました。

 

Spotifyはこちら↓

昨日はトラストコーチングの認定コーチが参加できる勉強会があったのですが、そのテーマが「余白。」

私がしてしまったコミュニケーションって、まったく余白がなかったなと、改めて思ったんです。

 

相手との会話の中で、ついつい、こちらが期待した答えを用意しちゃって、その通りの反応が返ってこないと、がっかりしたり、怒ったりするんですよね。

 

そもそも、相手は答えてくれるはずだ、反応してくれるはずだっていう強要がほのかに香るコミュニケーションってやだな〜と。

 

ものすごく反省しつつ、自戒をこめて話しております。

多分、この良い塩梅ってすごく難しいんですが、余白を意識しながらコミュニケーションを取れたら、少しはマシになりそうな気がしませんか?

トラストコーチングスクール

特に難しいなと感じる相手とのコミュニケーションで、この余白を意識していきたいと思ったのです。

 

受講者さんと一緒にあーだこーだ語り合いながら、トラストコーチングスクールを開講しています。

お問い合わせはこちらのLINEからどうぞ

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です