夫と一緒にいるとがんばらなくていいとやっと気づいた結婚10年目

こんにちは!

川越在住、英語とコーチングで前に進むあなたを応援する パーソナルコーチの山道 志帆です。

毎度予想よりも反響の大きい笑、うちの夫婦関係の話です。

 

今日、夕飯を食べながら、夫に、

 

「一緒にいるとがんばらなくていいから、ありがたいよ。」

 

と伝えました。

最近、この気持ちがちょいちょい湧き上がってくることが多く、

なんだろーなー、とコーチらしく考えてみました。

 

我らが夫婦は今年の10月で結婚10周年。

つまりは、今が10年目。

 

今までは、夫と一緒にいると楽だ、とか、

がんばらなくていい、とか、

フラットになれる、とか、

あんまり思ってこなかったんです。

 

どっちかというと、

わたしだってがんばってるのにーーー!!

という気持ちが強くて、強くて、

 

夫が仕事から帰ってきてソファでごろっとしてるだけで、
夫が休みの日に昼まで起きて来ないだけで、
ひとりお酒を飲んでそのまま寝ちゃうだけで、

キィ〜〜〜〜〜〜〜!!

キィ〜〜〜〜〜〜〜!!

となっていたんですよ。

 

わたしだって、わたしだって、と、夫に対抗している気持ちが強かったんだと思います。

 

昨日、彼は朝からひとりでスキーに行きましたが、それも全然OK!

全然ざわっとしませんでした。

 

それって、やっぱりコーチングを学んだことで、夫の視点に立ちやすくなったからだと思うんです。

夫は夫。と、夫の機嫌に左右されなくなってきたからなんだと思います。

夫には夫の生き方がある。

 

結婚10年目にして、彼と一緒にいるときの自分も結構好きと思えるようになってきました。

私の中での戦いが減ってきたなと感じます。

 

コーチングを学び出したのが、2017年10月ですから、ここまで来るのに2年はかかっているわけです。

もっと早くにコミュニケーションを学び出していたら、あんな危機やこんな危機はなかったかもしれない。
(いや、あの危機があったからこその今かもしれませんが・・・・笑)

 

結婚10年目にして、夫の存在の大きさを痛感している毎日です。

出会った最初から、超リラックスな夫にしてみると、

いまさら??

ということらしいです。

そのうち、夫とのおしゃべりをSails Podcastでお送りできるように交渉中です^^

私たち夫婦についての過去の記事は、こちらからどうぞ!!

 

宣伝です!

パートナーシップコーチングやってます。

コーチングを学んだからといって、夫婦関係に劇的な変化があるとは限りませんが、視点の数が増えることで、あったかい気持ちになれるかもしれませんよ。

パートナーシップコーチング

お申込み・お問い合わせは、こちらのLINEからどうぞ。
すぐにお返事させていただきます。

友だち追加
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です