埼玉県川越市で会社を設立する話〜その1〜創業・ベンチャー支援センター埼玉

このブログではこれから会社を作るということについて私が学んでいることを備忘録的に残していこうかなと思っています。同じように会社設立を考えている皆様のお役に立てたらうれしいです。

 

 

こんにちは!英語とコーチングで前に進むあなたを応援しています。トラストコーチングスクール認定コーチの山道志帆です。

 

このPodcastは3年半個人事業主をやってきた私がノリと勢いで株式会社Sailsを設立するぞ!という流れの第1回です。

注記:このPodcastは4月21日に録音していて、この記事を仕上げているのは5月27日ですが、いろいろあってまだ会社の登記は完了しておりません笑

 

埼玉県には、創業・ベンチャー支援センター埼玉という、創業を考えているみなさんにとっても優しい場所があります。

以下HPより引用
>創業・ベンチャー支援センター埼玉は、埼玉県が地域経済の活性化を進めるため設置し、平成24年度から、埼玉県の外郭団体である(公財)埼玉県産業振興公社に移管され運営している、公的な創業支援の総合相談機関です。
創業前・創業時、そして創業後も、事業計画や販路開拓、資金調達、IT、福祉などの疑問に経験豊富なアドバイザーがお応えします。

 

このポイントは、無料で専門家に創業の相談をZOOMでできるということでしょうか。

実際に私も、こちらで4回ほど一対一のZOOM面談でいろいろな相談をさせていただきました。
面談に応じてくださるプロフェッショナルなみなさんはこういう方たちで、特に女性の池田先生にはたくさん背中を押していただきました。

かなり実践的で、未来的・発展的なアドバイスが欲しい女性にはこの池田先生一押しです。たくさん宿題をいただいて、あとは実行していくのみです。

こちらの相談は実は、川越市における特定創業支援事業とも連携していて、

以下HPからの引用
>特定創業支援等事業を1ケ月以上、かつ4回以上利用し、「経営」「財務」「人材育成」「販路開拓」の4分野の事業経営に必要な知識を習得した方が各自治体に申請された場合に、「支援証明書」が各自治体から発行されます。

この支援証明書があると、

>会社設立時の登録免許税が半額に。
 (ア)株式会社:最低税額15万円の場合→7.5万円(資本金の0.7%→0.35%)

になるという創業支援なのです。

最低でも15万円掛かる登録免許税が半額になるというのはとっても大きいですよね。

 

専門家からの心強いアドバイスがもらえて、かつ節税ですので、ぜひぜひ埼玉県在住で株式会社の設立を考えている方は調べてみてくださいね。

他の市町村でも、実施の可能性はかなりあるかと思いますので、忘れずに調べてみてください。

私は今回、ZOOM面談を受けている中で教えてもらって、たまたま知ることができましたので、ラッキーでした〜。

 

ということで、今回は、創業を考えている皆さんにおすすめな相談先をシェアさせてもらいました。

さて、無事、株式会社Sailsが設立できるのか!!またいろいろと記録に残していきたいと思いますので、お付き合いくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です