Sails Podcast #63 穴があったら入りたい思い出

今になってみると、なんであんなことをしたんだろう・・・・という恥ずかしい思い出ってないですか?最近、よく思い出すことがありまして、恥ずかしいですがシェアします。

 

 

英語とコーチングで前に進むあなたを応援しています。パーソナルコーチの山道志帆です。

 

Sails Podcast #63 穴があったら入りたい思い出

 

私、ちょっと前まで、結構恥ずかしいことを連発してました。

どんなことなのかはSails Podcastを聞いていただきたいのですが、

(夫からは今もじゃん、ってめっちゃツッコミ入りそうですが・・・)

 

なんでだったんだろうな・・・ってちょっとだけ考えてみたのです。

 

気がついたのは、

 

肩に力が入りまくっていた!

 

なんですよね。

 

・・・・でなければならない、・・・・と思われなければならない。

 

で、結構ガチガチだったなと。

 

その中でも一番、大きかったのは

 

かっこよくなければならない!

 

かも。。。。。

 

でも、コーチングをゼロから学ぶ機会を得て、いろんな人たちとの出会いを得て、

この凝り固まった考え方も少しずつなくなってきているなと思います。

 

コーチングに感謝。

 

視点の数を増やすっていろんな場面で大事になりますね。

 

先日、写心家のつぐさんに写真を撮ってもらったのですが、こちらは仕事とかHP用とか限定したわけではなく、ただただ自然な自分を撮ってもらいたくてお願いしました。

400枚近く撮っていただいたのですが、その1枚がこちら。

 

 

かなり肩の力の抜けた私を撮っていただけたなと思っています。

 

これからも力を入れすぎずに、自然体を意識しながらベストな自分でいたいなと改めて気がついたのでした。

 

視点の数を増やす、肩の力を抜くコーチングに興味を持ってくださった方は、LINEから連絡くださいね。
いろいろとお話ししましょう。

コーチングプログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です