Sails Podcast #5 子宮がん検診にひっかかった話〜その6〜おまけ

こんにちは!

川越在住、英語学習コーチの山道 志帆です。

いちご狩りで

お久しぶりですが、子宮がん検診に引っかかった話の続きです。おまけです。

実は、このブログ、毎日何人かの人が「円錐切除」関連のキーワードで来てくれています。

 

私自身も手術の前、あとは不安で不安で、ブログ・インスタをチェックしまくりました。

なので、そんなこれから立ち向かおうとしているあなたのために、
何かの情報として繋がればいいなと思っています。

子宮ガン検診にひっかかった話〜その1〜最初の検査編

子宮がん検診にひっかかった話〜その2〜コルポスコピー編

子宮がん検診にひっかかった話〜その3〜手術決定編

子宮がん検診にひっかかった話〜その4〜手術編

子宮がん検診にひっかかった話〜その5完結編〜その後

長いですが、どんな経緯でどんな手術で、術後はどうだったのかとかを書いていますので、少しでも不安を消すお手伝いができればうれしいです。

 

まだ、自分には関係ないことかなと思っているあなたにも、いつかのために、円錐切除を山道志帆がしてたな、と思い出してもらえたらいいなと思います。

 

さて、先週、術後のがん検診に行ってきました。もし何かあれば、2週間後くらいに病院から電話が来るそうです。

2018年5月11日の検査結果

今回は、この検査結果2枚について先生に質問してきました。

2018年11月21日の検査結果

そうなんです。去年5月にも検査受けてたんです・・・・
で、特に異常がなかったので、すっかり忘れていたんですね。

私。

そして、その時のクリニックの先生。おいっ!!!
(いや、いいんです。わからなかったおかげで今回の早期発見がありますからね)

 

先生曰く、こういうことはたまにある、らしいです。
(忘れてたことじゃなくて、半年前の検査で異常なしが出ること)

この5月の時はサンプルとして取った細胞がしっかり取れていなかった可能性があり、
つまり、この5月から11月の半年で一気に悪化したというわけではないと。

そして、11月に検査したのはラッキーだったね。と。

もう少し先にわかっていたら、命に関わるということはないとしても、進んでいる可能性はあったということです。

で、何が言いたいかというと、

検査結果が大丈夫だったとしても、
ちゃんと年に1回は子宮がん検診を受けましょう!!!

これ、本当に大事なので、もう1回言います笑

検査結果が大丈夫だったとしても、
ちゃんと年に1回は子宮がん検診を受けましょう!!!

 

はやめにわかれば対処できる選択肢が広がります。
自分のこととして、考えてみてくださいね。

 

英語学習コーチ
山道 志帆

3ヶ月英語学習オンラインコーチングプログラム
https://sails-for.com/english-coaching/

ライフコーチングプログラム

コーチングプログラム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です