Sails Podcast #61 こころもからだも整える

こころを整える重要性をずっとお伝えしている私が、自分のカラダを全然整えられていなかったじゃんという情けない話です。自分のカラダへの信頼度何%くらいありますか?

 

 

英語とコーチングで前に進むあなたを応援しています。パーソナルコーチの山道志帆です。

Sails Podcast #61は「こころもからだも整える」と題して話してみました。

 

 

私、健康でエネルギッシュなのですが(そう思われていることが多いのですが)、たま〜に総崩れします。
そういう時は頭痛、肩こりがひどくなって、息が浅くなって、イライラします。

夫や子どもたちに八つ当たりして、すごく嫌な奴になったりします。

 

そういう時に、今までは整体に行って、何とか楽にしてもらうということをこの10何年繰り返してきたんです。

それで今までは良かったのですが、どうにも最近その頻度が高い。2〜3週間に1回くらいの割合で、「あ〜調子悪いな」ってなってたんです。

そうなるとどうなるかというと・・・・

 

自分のカラダに対する信頼度が恐ろしく下がるんですよね。

あ〜またダメだった。このカラダはポンコツだ・・・とネガティブな思考ループに入っていくんです。

 

それでも、また整体に行って、「今度こそはきっともっともつ!」と自分のカラダに期待を込めること、はや数ヶ月。
いい加減気がつきました。

 

ここままではいけない、と。

 

対処療法ばっかりしていた私は、完全に整体に依存していたんですよね。

 

これに気がついた時は驚愕ですよ。
コーチをしていて、精神的な自立とか、自分の心を整える重要性を唱えてきたのに、自分のカラダの自立を自分が考えられていなかった。

 

このタイミングで、夫が友人が書いた本だと買ったのが、

肩こりはおしりを鍛えて治す
https://www.amazon.co.jp/dp/4479784543/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_CVQEYQQN4CFK7M0R05KT

こちらです。
私たちの結婚式にも来てくれた夫の友人の本なのです。

彼は学芸大前で「肩こりラボhttps://movementjourneys.com/
という治療院もやっていて、

治療院通わなくて済むカラダというのを目指しているんですよね。

今は、こちらにお世話になりながら自分のカラダと向き合っています。

 

担当の方が私のカラダの細部まで使い方を見てくれて、私のカラダの使い方のよくない癖を見極めてフィードバックをくれます。

その上で、私にはこういう筋トレが必要ですとやり方を教えてくれます。

その後は、継続的にその動きができているかどうか、効果は出ているかどうか、そして、徐々に負荷を増やすことを提案してくれたりしています。

 

これって、まさに英語コーチングとも通じるところがあるな〜とすごく感じていて、プロがそばでサポートしてくれている安心感って半端ないんですよね。

これをすれば、自分はさらにいい方向へ向かえるっていう確信がある状態で頑張れるから、筋トレ苦手な私も少しずつ継続できるようになっているんです。

 

自分への信頼度を上げるために何ができるのか、何をするのか、ひとりではこれ以上考えられないなとなった時にやっぱりプロの存在って大きいです。

私の担当の方はコーチングも学んでいるそうで、2人でコーチング話で盛り上がったりしました。

 

カラダを整えることも、こころを整えることも、自分への信頼度を上げて、さらに最高の人生を送るためには欠かせないことですよね。

 

ひとりでがんばらなくても、プロに頼っていいんだなって思えたことで、さらにがんばれそうです。

 

今までの行き当たりばったりの対処療法だけではなくて、もっと本質的なところからの改善を目指していけたらいいなと思っています。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です